顕在性不安、ストレス、気の疾患
東洋医学では体の「気・血・水」という3つの要素によって健康が左右されると考えられ、その中で最も重要視されるのが「気」で、精神とか神経の総称とされています。
ストレスで気の滞り(とどこおり)がおこり、気虚、気うつ、気逆、気の昴進などから下記の
ような病状や疾患がひきおこされます。

 

気の乱れ、気が影響する疾患
■呼吸の乱れ、呼吸器系の疾患(ぜんそくなど)
■消化器系の疾患(胃潰瘍、過敏性大腸、下痢、便秘、腹部の膨満感など)
■循環器系の疾患(血流に影響、起立性低血圧など)
■精神神経系(気うつ、イライラ、キレるという状態、ヒステリー、ノイローゼ、
  不眠、倦怠感)
東洋医学ではこれらの疾患の治療として、患部の治療だけでなく「気」を正常に戻し整えるために「理気剤」を用いて根本治療を行っている。

 

ストレスに強い脳にする
ストレス社会といわれる環境で、ストレスを受けないことは不可能なので、ストレスに強い体の体制をつくることが必要になる。
ストレスを受けている脳はα波がほとんど出ておらず、「脳内アミノ酸」のテアニンの消費が激しく、またテアニンが不足している脳ほどストレスに弱いと言われている。
ストレスが続きテアニン不足が続く状態になると、気の乱れや異常が起こり、それが上記の各疾患へ結びつくことになる。
だからそれらの疾患を根本から解決するには、まず、ストレスに強い脳(気)にすることが求められ、気を正常にする(理気)ことで体の諸疾患も改善される。

 

理気のお茶
昔から「お茶を飲むとホッとする」と言われるが、これはお茶に含まれている脳内アミノ酸と言われるテアニンの作用であることが科学的に実証されている。
このテアニンをお茶の10倍以上も含んでいるのが「理気健康茶」で、Lタイプのテアニンは脳に吸収されやすい特性を持っている。

 

理気健康茶の特徴
■気うつ、気逆、気の昴進などを整える理気作用。
■脳内アミノ酸のLーテアニンが豊富に含まれている。
■体を温める。(お茶の種類によっては体を冷やすものもある。)
■Aspergillus niger 麹発酵代謝物により生体防御力を高める。
■各種酵素の働きで血中の脂肪や糖代謝を整える。

 


TOPページ 理気健康茶は
こんなにすごい
ストレスに強い
体づくり
ダイエットを
お考えの方に
薄毛・細毛で
お悩みの方に
週刊誌で紹介
されました!
訪問販売法に
基づく表記